logo

イタリア旅行はいつから行ける?コロナ禍の現状分かりやすく解説【2021年6月25日現在】

ヨーロッパ編集部
ヨーロッパ編集部
イタリア旅行はいつから行ける?コロナ禍の現状分かりやすく解説【2021年6月25日現在】
イタリアへの旅行はいつから行ける? 今ってもう日本から入国できるの? 新型コロナウイルスのワクチン接種が急速に進み、ヨーロッパ各国の観光客受け入れ方針がどんどんと緩和されてきています。2021年6月25日現在の状況をまとめました!

出入国条件(6月25日更新)

  • 2021年6月25日現在、イタリアの入国制限が大幅に軽減されています!ワクチン接種証明書or陰性証明書を提出することで自主隔離不要となります。
  • アリタリア航空が、日本発着便の運行再開を発表。羽田発は7月11日発より再開されます。
  • しかしながら、日本帰国時には「出国前72時間以内の検査証明提出」「14日間の自主隔離」等の制限が必要です。

必要な書類・制限一覧

  1. 陰性証明書 or ワクチン接種完了証明書

証明書は以下の3つのどれか1つが必要となります。

  • 二回接種完了から少なくとも14日以上経過したことを示すものワクチン接種証明書
  • 新型コロナウイルス感染から治癒し、規定の隔離を終了したことを示す治癒証明書
  • イタリア入国前48時間以内に抗原検査またはPCR検査を実施し、陰性だったことを示す陰性証明書

これまで日本からの入国については「健康観察及び10日間の自己隔離」と「隔離終了後の検査の実施」が必要でしたが、今回の発表により証明書の提示によって、これら制限が解除される運びとなりました。

※ 上記の対象国として、イギリスは対象外とされています。イギリスに滞在or乗り換えをした場合、引き続き入国後の自主隔離が必要で、隔離終了時に抗原検査あるいはPCR検査を受ける必要があります。

アリタリア航空からは羽田〜ローマの直行便が7月11日より再開されます。

アリタリア航空の公式サイト - 東京 〜 ローマ往復便(1名10万円程度:2021年6月23日現在)

※ 日本の入国制限解除され次第、TabiTabiでもイタリア旅行のご案内を再開します。

イタリア内のルールと現状

カラーゾーンシステム

イタリアは保健省が新型コロナウイルスのリスクをカラーゾーンで分けて管理しています。各地域または自治州は、このゾーンシステムに基づいて、毎週下記4つのゾーンのいずれかに分類されます。

  • 赤(非常に高リスク)
  • オレンジ(高リスク)
  • 黄(低リスク)
  • 白(非常に低リスク)

地域の色分けされたゾーンに基づいてできることとできないことが設定されています。(制限概要はアリタリア航空のWEBサイトの記載が分かりやすいです)現在は、ほぼ全ての地域がホワイトゾーンに分類されているため、移動規制や営業規制は解除されている状態です。

しかしながら、今後のイギリスのようにコロナウイルスが再拡大した場合、こちらのカラーゾーンルールに準じて、地域ごとに規制が変わって来るので、イタリア旅行の際には継続して確認する必要があるでしょう。

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため実施していた移動規制を6月21日にほぼ全土で解除することが発表され、夜間外出も全土で解禁されていますが、ナイトクラブ等の営業は引き続き休止とするほか、屋外でのマスク着用義務も継続しています。

観光地の運営状況について

イタリアの主要な観光地は、現在週末は事前にオンラインでのチケット購入することを要求しています。ミラノのドゥオーモでは、前日までにオンラインでのチケット購入が必要です。

観光地の人数制限について

2021年5月イエローゾーンの時点では、「最後の晩餐」はコロナウイルス対策の観点で、各グループの収容人数を制限していました。他の人気観光地もとても空いていて、観光客で混み合うシーンにはほとんど遭遇しないようです。いつも混み合う人気の観光地もちゃんとチケットを取ることができれば、以前よりゆっくりと観光ができるかもしれません。

EU圏内の移動について

移動については観光など特別な理由でなくともできるようになりましたが、搭乗前検査や自主隔離が求められる場合があります。ヨーロッパ周遊については、7月1日以降に運用開始が予定されている「デジタルグリーン証明書(衛生パスポート)」の実用化を待ちましょう!

「デジタル・グリーン証明書」について

コロナ前には自由に移動ができていたEU圏内でしたが、今は前述の通りルールが地域によってバラバラで、旅行はとてもしづらい状況です。ただ一方でワクチンの接種率は急激に上がってきており、旅行に対する期待感が高まってきています。

こうした流れも踏まえ、EUでは「デジタル・グリーン証明書」という、ワクチン接種歴・検査結果証明ができる共通規格を準備中です。QRコードで読み取り認証し、自身の安全性を証明できる仕組みになる予定です。7月1日からの実用化を目標に準備が進められています。

参考: デジタル・グリーン証明書について

規制解除後に行きたいスポット

ヴェネチアのゴンドラ

規制が完全に解除されて旅行に行けるようになったら、ヴェネチアに行きたいなと考えてます。私が最も好きな街の一つで、雰囲気が本当に素敵な街だと思います。再開後はゴンドラに乗って隅々まで水の都ヴェネチアを堪能したいです。

ヴェネチアで食巡り

ヴェネチアは食事もそれほど高くなく、美味しい料理を楽しむことができます。魚介系のパスタやジェラートが本当に美味しくて思い出に深く残っています。次回行く際にはまた食べたいなと思ってます!!

その他主要各国の状況

フランスの出入国条件
ドイツの出入国条件
イギリスの出入国条件
スペインの出入国条件
日本からの出入国条件まとめ