logo

イギリス旅行はいつから行ける?コロナ禍の現状分かりやすく解説【2021年6月21日現在】

ヨーロッパ編集部
ヨーロッパ編集部
イギリス旅行はいつから行ける?コロナ禍の現状分かりやすく解説【2021年6月21日現在】
イギリスへの旅行はいつから行ける? 今ってもう日本から入国できるの? 新型コロナウイルスのワクチン接種が急速に進み、ヨーロッパ各国の観光客受け入れ方針がどんどんと緩和されてきています。2021年6月21日現在の状況をまとめました!

出入国条件(6月21日更新)

  • 2021年5月17日、イギリス政府は海外旅行の開始を宣言し、規制を段階的に緩和していくことを発表しました。(飲食店の店内営業なども5月17日より再開)
  • 当初は2021年6月21日より規制なしのSTEPへ移行することが予定されていましたが、インド型の変異ウイルスの影響などで感染者が増加傾向にあり、移行については4週間ほど延期することが発表されました。
  • イギリス入国にあたっては「乗客ロケーターフォーム(滞在情報)」と到着72時間以内のPCR検査か抗原検査による「陰性証明書」の提出、「旅行検査パッケージ(210ポンド)の予約」が必要です。
  • 入国後も「10日間の隔離義務」「2日目・8日目の検査受検」が必要で、厳しい規制状態が続いています。
  • また、イギリスからの日本帰国時には「出国前72時間以内の検査証明提出」「14日間の自主隔離」等の制限がまだ必要です。

必要な書類・制限一覧

  1. 乗客ロケーターフォームの提出
  2. 新型コロナウイルス感染症の陰性証明書
  3. 旅行検査パッケージ(210ポンド)の予約
  4. 10日間の隔離義務
  5. 上記期間中2日目・8日目の検査受検

上記規制やルールに虚偽や違反があった場合は、最大10,000ポンドの罰金が科されるなど厳しく処分を受けます。規制条件もまだ厳しく、帰国時と合わせて24日の隔離が必要になるので、まだイギリス旅行は我慢した方が良いかもしれません。

今後条件緩和が進む様子については、こちらのサイトを随時更新して、皆様に状況をお伝えしてまいります。

詳しい最新情報は、在英国日本大使館 出入国制限措置ページ にてご確認ください。

その他主要各国の状況

フランスの出入国条件
イタリアの出入国条件
ドイツの出入国条件
スペインの出入国条件
日本からの出入国条件まとめ